妊娠検査薬の仕組みと使い方

妊娠検査薬はどうして妊娠が分かるの?
という疑問にお答えし、細かく紐解いて解説して行きたいと思います。
最近は産婦人科へ行く前に、自分で妊娠検査薬を試してみる方の方が多いですよね。

妊娠検査薬の判定の仕組みや精度、正しい使い方や検査できる時期などについて詳しく解説して行きたいと思います。

妊娠判定のしくみ

市販の妊娠検査キットは妊娠すると、胎盤の一部から妊娠を示すホルモン(hCG:ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)が分泌されます。
hCGホルモンは、受精卵が卵管を通って子宮に着床してから徐々に分泌され、数日経つと尿の中に出るようになります。
妊娠検査薬は、このhCGホルモンがどのくらい尿に含まれているかを調べ、妊娠しているかどうかを判定します。

hCGは妊娠初期の身体に作用し、月経を起こさないように伝えます。
妊娠が進むにつれ、hCGは母体から赤ちゃんに栄養を供給する胎盤の生成をサポートして行きます。

妊娠検査は、尿を妊娠検査キットのストリップにつけることから始まります。
尿が妊娠検査薬に染み込んで行くと、それぞれ重要な役割を果たす2つのセクションを通る事になります。

尿が結果が表示される検査セクションに到着するまでに、尿にhCGが含まれていると陽性の色素分子を反応させる能力を獲得し、判定ラインを赤く染める事になります。

hCGが分泌されていない場合は、尿の波は判定ラインを染める事無くコントロールラインゾーンにそのまま流れていく事となります。

最後のセクションとして、コントロールゾーンがあります。
このステップでは、検査が正常に動作しているかを確認しています。

妊娠検査の妊娠判定

偽の陰性・陽性反応が発生するケースも?

妊娠検査薬の判定ラインに色が付かなかった場合は、結果は陰性です。
妊娠検査薬の判定は非常に信頼出来る判定ではありますが、完全に正しいものではありません。

また、次のような場合結果が陽性となることがあります。

  • 流産や中絶から間もない時期
  • 不妊治療でhCG製剤の投与を受けた
    (5,000単位の投与で7〜10日後くらいまでは、体内に残存するhCG製剤に反応して陽性を示す可能性があります)
  • 絨毛癌など、hCG産生腫瘍がある
  • 閉経した
    (閉経後、妊娠とは無関係な微量のhCGが分泌されており、弱い陽性反応を示す場合があります)
  • LHとの交差反応、重度の糖尿、蛋白尿、血液の混入など

陽性反応が薄い?

妊娠検査薬のフライング検査で、判定ラインにうっすら色がついたのですがこれは陽性ですか?
という質問がたまに来ることがあります。

薄くても色付いたという事は、体内からhCGが分泌され始めている事になりますので、薄くても陽性は陽性です。

陽性反応が薄い原因は下記の通りです。

  • hCGの濃度がまだ検出出来る濃度より低い場合
  • 検査時期が早すぎる
  • 飲料が濃度を薄めている

hCGは分泌され始めて、2〜3日ごとに濃度が倍に増えていきます。
そのため、早期だと発見しにくい可能性があります。
また、妊娠判定は朝一の尿での検査をオススメしているのは飲み物がhCGを薄めてしまう可能性があるからです。

自己判断は危険

陽性反応が出た場合、早めに産婦人科を受診しましょう。
妊娠検査薬で妊娠が分かっても、正常妊娠であるかはどうかは判断出来ません。
子宮外妊娠や流産の可能性もありますので、必ず専門医にご相談下さい。
子宮内膜以外の場所、受精卵が着床した場合も、通常の妊娠と同様に生理が止まり、女性ホルモンの分泌が増えるため、妊娠検査薬で陽性の反応がでます。

このように初期段階では、正常妊娠とほぼ同じ症状のため、正常妊娠か子宮外妊娠かは確定できません。

超音波(エコー)検査で子宮内に胎嚢が確認されれば、正常妊娠であることが確定されます。
胎嚢の確認ができるのは、大体6週目を過ぎた辺りです。

子宮外妊娠の場合、通常の妊娠とは異なり、赤ちゃんが育つことはできません。
受精卵が正常に発育できるのは、子宮内膜に着床したときのみなのです。

子宮内でなければ、胎児を維持することはできません。
しかし、卵管破裂になる可能性もあり、見つかり次第の治療・手術等が必要となってきます。

ですので、妊娠検査薬で陽性が出たら、早めに産婦人科医の診察を受けて、胎嚢の確認をすることが大切です。

いつから使える?

国内で販売されている妊娠検査薬は「生理開始予定日の1週間後以降」が判定可能な時期とされていますが、当店で販売している早期妊娠検査薬は検査精度が25mIU/mLと、国内販売商品より感度が高いものであり、排卵日の12日〜14日後(生理2日前)から反応し始めます。

  • 尿中のhCG値が25mIU/mLを超えると陽性反応を示します
  • 25mIU/mLの濃度まで達するペースには個人差がある

私個人の実体験に基づく検査では、排卵日から9日目には非常にうっすらとですが早期妊娠検査薬に陽性反応が現れました。

但し、排卵日は排卵検査薬を使用していないと特定は難しく、生理不順の方はなかなか特定が難しいと思います。

ということを前提に、ほぼ確実に判定ができる「排卵日の12日〜14日後(生理2日前)」を妊娠検査可能時期としています。

妊娠判定可能な期間前に検査をする事をフライング検査なんて言葉を使いますが、待ち続けている妊娠を一刻も早く確認したいと思う方も多いと思います。

そんな方に是非、当店の早期妊娠検査薬を使用して頂きたいと思っています。